組織紹介

私たち国立病院機構宇都宮病院の組織は、院長のもとに次のような組織となっています。

 

当院に勤務する職種

当院に勤務する職種は次のとおり、21職種がそれぞれ専門性を活かして勤務しています。

医師、歯科医師、看護師、准看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士(PT)、作業訓練士(OT)、言語聴覚士、管理栄養士、保育士、児童指導員、療養介助職、視能訓練士、臨床工学技士、医療社会事業専門員、調理師、ボイラー技士、電気士、事務職、診療情報管理士

幹部職員の紹介

病院長 沼尾 利郎 副院長 田中 孝昭
臨床研究部長 芳賀 紀裕 統括診療部長 増田 典弘
外来診療部長 佐藤 稔 外科系診療部長 熊谷 吉夫
内科系診療部長 伊藤 雅史 整形外科部長 茶薗 昌明
看護部長 杉崎 けい子 事務部長 関川 義明
薬剤部長 高橋 恭久    

各部門の紹介

臨床研究部

内視鏡センター

看護部

薬剤部

治験管理室

臨床検査科

放射線科

栄養管理室

療育指導室

事務部門の紹介

事務部門の仕事は、宇都宮病院が継続的に地域に貢献するために、診療部・看護部・コメディカル部門等の支援業務を行うことが中心です。

大切にしたいことは、情報共有のため、適時に必要な情報を確実に提供すること。

全職員が必要な情報を入手できるよう、様々な会議や委員会ばかりでなく院内報や事務連絡を活用し、漏れのない情報管理を目指しています。

また、働く職員の職場環境の向上を目指します。そのためには、事務部門が積極的に環境整備に努めることが重要と考えています。職員が気持ちよく働くために必要なものを揃えていくことに力を入れています。