糖尿病・内分泌内科

診療方針

当院の糖尿病・内分泌内科は、糖尿病、脂質異常症、肥満などの代謝疾患や甲状腺疾患を始めとする内分泌疾患全般の診療を行っています。

糖尿病は、インスリンの働きおよび分泌が悪くなり血糖値が高くなる病気です。血糖値が高いままですと、全身の血管障害が進行することにより合併症が起きてきます。

細小血管(細い血管)の障害による網膜症、腎症、神経障害、大血管(太い血管)の障害=動脈硬化による心筋梗塞、脳卒中、足壊疽など糖尿病といっても、インスリン分泌不全やインスリン抵抗性(働きの悪さ)の程度は患者様により異なり、また上記の合併症の有無により治療方針が異なります。

近年、新しい機序の経口薬や注射薬の使用も可能となり、糖尿病の治療戦略は大きく変化してきております。
患者様の病態や生活環境に最も適した治療を御提供できるよう努めてまいります。

スタッフ紹介

佐藤 稔   : 外来診療部長

          臨床研修指導医、難病指定医、小児慢性特定疾病指定医

菊池 朋子  : 日本内科学会認定医

篠原 安武  : 

森 豊    : 医師(非常勤)

          日本内科学会認定医、日本糖尿病学会専門医・指導医、

          日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医、日本肥満学会肥満症指導医

平尾 菜々子 : 医師(非常勤)

外来診療

当院の糖尿病・内分泌内科の診療は、原則として予約制となっております。

初診および予約外再診につきましては、毎週月曜日から金曜日の午前8時30分より午前11時まで受け付けております。

予約再診の方は、御予約された時間に受診してください。

 月曜火曜水曜木曜金曜
午前 佐藤 稔 菊池 朋子 平尾 菜々子 佐藤 稔 森 豊
午後 佐藤 稔   平尾 菜々子 佐藤 稔  

 

関連リンク