糖尿病・内分泌内科

診療方針

当院の糖尿病・内分泌内科は、糖尿病、脂質異常症、肥満などの代謝疾患や甲状腺疾患を始めとする内分泌疾患全般の診療を行っています。

糖尿病は、インスリンの働きおよび分泌が悪くなり血糖値が高くなる病気です。血糖値が高いままですと、全身の血管障害が進行することにより合併症が起きてきます。

細小血管(細い血管)の障害による網膜症、腎症、神経障害、大血管(太い血管)の障害=動脈硬化による心筋梗塞、脳卒中、足壊疽など糖尿病といっても、インスリン分泌不全やインスリン抵抗性(働きの悪さ)の程度は患者様により異なり、また上記の合併症の有無により治療方針が異なります。

近年、新しい機序の経口薬や注射薬の使用も可能となり、糖尿病の治療戦略は大きく変化してきております。
患者様の病態や生活環境に最も適した治療を御提供できるよう努めてまいります。

診療内容

1 糖尿病

糖尿病の多くは生活習慣病であることから管理栄養士によるきめ細かい栄養指導を行い、医師・看護師による外来指導の他に糖尿病教室(月2回)では薬剤師や臨床検査技師などから治療薬や検査の話をして糖尿病の理解を深めて頂きます。外来では糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師によるインスリン導入や自己血糖測定法、フットケアなどの指導を行っています。糖尿病の合併症(網膜症、腎症、神経障害)や大血管障害(虚血性心疾患、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症)の診断・治療は院内各科や高次機能医療機関と連携しながら対応しています。重症あるいはコントロール不良の糖尿病の場合は大学病院のクリティカルパスを参考にして教育入院や合併症精査などを行っています。

2 甲状腺疾患

甲状腺腫、甲状腺機能異常(バセドウ病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、橋本病など)の診断と治療を行っています。甲状腺腫瘍(悪性疑い)ではエコーガイド下穿刺吸引細胞診や手術は当院外科で施行し、バセドウ病のアイソトープ治療が必要な場合には大学病院など高次機能病院へ紹介しています。

3 その他の内分泌疾患、脂質異常症など

副甲状腺疾患(高カルシウム血症、低カルシウム血症)、副腎疾患、下垂体疾患などは診断確定の安定症例は当院で診療し、必要に応じて大学病院などの高次機能病院へ紹介しています。

スタッフ紹介

佐藤 稔   : 外来診療部長

          臨床研修指導医、難病指定医、小児慢性特定疾病指定医

菊池 朋子  : 日本内科学会認定医

西田 舞   : 

森 豊    : 医師(非常勤)

          日本内科学会認定医、日本糖尿病学会専門医・指導医、

          日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医、日本肥満学会肥満症指導医

平尾 菜々子 : 医師(非常勤)

外来診療

当院の糖尿病・内分泌内科の診療は、原則として予約制となっております。

初診および予約外再診につきましては、毎週月曜日から金曜日の午前8時30分より午前11時まで受け付けております。

予約再診の方は、御予約された時間に受診してください。

 月曜火曜水曜木曜金曜
午前 佐藤 稔 菊池 朋子 平尾 菜々子 佐藤 稔 森 豊
午後 佐藤 稔   平尾 菜々子 佐藤 稔  

 

診療関連事項

関連リンク