総合内科

診療方針

社会の高齢化を反映して複数の疾患や症状を有する患者さんが増えており、原因不明の発熱や倦怠感、体重減少などで「どこの科を受診すればよいか?」と迷う方が少なくありません。このため、多彩な症状や基礎疾患のある患者さんを総合的に診察する内科として、「総合内科」を設けています。病名が分かれば必要に応じて該当する専門科を紹介する橋渡し機能も果たしており、当院の内科医師(常勤・非常勤)は全員が総合内科医のマインド(心構え)で診察しています。

スタッフ紹介

院長:沼尾 利郎 総合内科医長(併)
日本内科学会認定医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医
認定病院総合診療医(日本病院総合診療医学会)
感染制御医(ICD)
結核抗酸菌症認定医
認定産業医
日体協スポーツドクター
獨協医科大学臨床教授
南 建輔 日本内科学会認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
インフェクションコントロールドクター
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
志水 太郎
(非常勤)
総合内科医師
公衆衛生学修士(米エモリー大学)、経営学修士(豪ポンド大学)

外来診療

 月曜火曜水曜木曜金曜
午前

 

南 建輔 南 建輔 沼尾 利郎
(2・4・5週)
志水 太郎
(3週)
志水 太郎
(1・2・4・5週)

関連リンク