放射線科

診療方針

 放射線科は画像診断部門と放射線治療部門に大きく分かれており、当院の放射線科は画像診断のみを行っています。

 画像診断とは、病院で撮像された医療画像(主にCT検査やMRI検査)から病気を見つける仕事です。直接患者さんと接することはなく、主治医の先生が診察などから得た臨床情報を参照しながら、主に医療画像の情報をもとに病気の診断を行います。1枚1枚の画像を丁寧に観察し、体の中の異常と思われる部分を探し出し、その異常所見を積み重ね、最終的にどのような病気が考えられるのかを判断します。その診断の過程と診断結果を報告書に記載し、主治医の先生にお伝えしています。

 間違えた画像診断のもとに、どのようないい治療を行っても病気は治りません。そのため当院放射線科では、誠実、丁寧に読影に取り組み、正確な画像診断ができるよう日々努力しております。

スタッフ紹介

五十嵐 康弘 放射線科医長
放射線科画像診断専門医
荒川 浩明 医師(非常勤)

関連リンク