リウマチ膠原病内科

診療科の特徴・特色

当科では、関節リウマチ(関節痛、関節腫脹など)、全身性エリテマトーデス(若い女性に多い関節痛、発疹、発熱など)、強皮症(皮膚硬化など)、多発性筋炎・皮膚筋炎(筋肉痛、筋力低下など)、血管炎症候群(手足のしびれ・発疹など多臓器の異常)などの診断と治療を専門としています。

下記のような症状がある場合には、ご相談下さい。

  • 関節の痛みや腫れ
  • 手のこわばり、手指の腫れ
  • 原因不明の発熱や発疹
  • 筋肉痛や筋力低下
  • 口内炎や口腔内潰瘍ができやすい
  • 手足のしびれ

週1回の限られた時間での診療であるため、詳しい検査や専門的治療が必要な場合には、大学病院などの高次医療機関へ紹介しています。また、必要に応じて整形外科とも連携協力しながら患者さんに最善の医療を提供する方針です。

担当医師・専門分野

医師名専門分野など
高村 雄太 膠原病一般